中山祐貴

記事一覧(28)

これが見れたらあと少し『がんばれ。』

食べ物=生きるエネルギー&愛の情報

こんにちは〜!ゆめちゃん先生です(^ ^)私どんな物を食べたらいいですか?とよく聞かれるのですがその時私は“旬のもの”と“ご先祖さまの生まれ育った土地のもの”と答えることにしています。それと、実はもう一つ。普段お話する事は殆どないのですが…私は『食べ物=栄養素』とは思っていなくて『食べ物=生きるエネルギー・愛の情報』と感じています。これは東洋医学でいう『後天の性』とも重なって私達は『栄養素』を食べているのではなく『生きるエネルギー・愛の情報』を取り込んでいるのだと、思うのです。だからこそ、お母さんの作るカレーって、市販のルーなのに、どこより美味い〜と感じたり顔の見える店主が、目の前でその日の気分で作る小料理が、なんか最高〜と思ったり不器用なお父さんが一生懸命握ったオニギリが実は時々食べたくなったり知った農家さんの作る野菜がお味噌だけで最高だったりそういう事ってありますよね。だからこの忙しい東京の繁華街にも『自家製』『手作り』『おふくろの味』みたいなお店が多くあるのかな…なんて思います。旬のものや、土地のものを、愛を込めて作って(または、作ってもらって♡)楽しんで食べる。それが、元気に生きる、一つのコツであり、本能の欲求なのかもしれません。毎日は難しいなら時々でもいい。1週間に1回でも10日に1回でもそんな食事を心がけてみてはいかがですか。三鷹の地元農家さんの畑の無人野菜販売で300円の筍をゲットして